中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

末は博士がホームレス

来週、スタンフォードの博士課程で勉強中の友人が35歳のお誕生日を迎えます。この人は、高校の先生を辞めて入学してきました。博士号を取ることには、40歳近くになってます。30代で博士課程に入ってくる人、結構多いです。35歳とか40歳になって大学を卒業した場合、その後、どうなるのでしょうか。

教育学の博士号を取った人たちの卒業後の進路ですが、大学教員以外に、非営利団体の研究員や、企業附属の研究所の研究員や、各学区の教育委員会の研究者になる道があります。非営利団体は、各種財団などから資金を得ており、きちんとした給与も出ます。それも、日本のように安い給与ではなく、ディレクターレベルになると年収1000万円を超える場合も普通にあります。厳しくはありますが、それなりに就職口もあります。研究職はいろいろなところで用意されており、Ph.D.という肩書きがモノを言うのです。(もちろん、しばらく就職ができない人もいますけど、そういう人は奥さんとか旦那さんが稼いでくれる場合も多いです)。

日本の場合はどうでしょうか。ストレートで博士課程に行っても、何十倍という難関を通り超えて大学教員にならなければ、就職はほとんど無理と言われています。しかも、運よく正規の教員になれるのは稀で、いまやほとんど3年や5年の任期があります。ましてや、20代後半を過ぎて仕事を辞めて博士課程に行くとなると、これはよほどの実力と人脈が無い限りは、自殺行為です。

日本で博士号を取った人の行く末はどんなものなのでしょうか?このあたり、博士が100人いる村というお話が有名です。

ちなみに僕は、スタンフォードで修士号をとったときに、あと5年頑張って博士号まで行ってしまおうと思っていましたが、日本で働く可能性があることを考えるとあまりにもリスクが高く、とりあえず就職しようと帰国しました。正解だったと思っています。

なんでこういうことになるのか、僕にはわからないことが多すぎます。

ただ、教育学に限って言えば、日米の教育制度の違いが一つの要因になっているのではないかと思います。

ご存じのように、日本には学習指導要領があるので、全国一律で教えることが決まっており、検定に通った数種類の中から教科書を選択します。教科書会社の指導書などもそこそこ使い物になります。そのため、現場の先生は何を教えるかについて考える必要があまりなく、既に決まった内容をどうやって教えればよいかを考えることに注力できます。そして、授業研究などを通じて、教え方をお互いに磨いていくことで、良い授業方法を作り出してゆくことができます。教育委員会の研修なんかでも、指導主事なんかは教員経験者ですし、基本的に学習指導要領に基づいて、現場の実態に沿った形で研修をします。

しかし、アメリカには学習指導要領なんてものはないですから、何を教えるべきかというところから、現場の先生は考えなければなりません。学校によってばらばらの内容、ばらばらの指導方法・・・。さらに、教育委員会の関係者は教員経験者ばかりではありませんから、教育行政についてはプロでも、教育については素人です。校長ですら、一度も授業を教えたことのない人がなったりしています。こういう状況では、何を教えるべきか、どのように教えるべきかを考えるのは、とても現場の先生や教育委員会の手に負えるものではありません。さらに、アメリカは多民族国家で、いろんな文化背景を持った人々がいますから、皆に対して同じ内容、同じ教え方でいくわけにもいかないという事情もありますから、事態はさらにややこしいのです。

そこで、教科書会社や教材会社や非営利団体はここぞとばかりに、自分たちの教科書や教材や教育方法や研修を売り込みます。先生の負担がなるべく少なくなるように、分厚い指導書もきっちり用意します。ここに、博士号を持った研究者の活躍する余地があります。教科書会社で教材開発に関わったり、教育委員会や学校の委託を受けて学力測定をしたり研修を実施したりします。日本のように、一種類の指導要領と数種類の教科書しかない場合と違って、教育産業のパイは大きいのです。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-30 12:59 | アメリカ文化

豚インフルついに来た

車で20分ほどのサンホセの街の学校3校が、豚インフルエンザの「疑いがある」生徒が出てきたということで、閉鎖されてしまいました。まだ「疑いがある」という程度ですが。

いずれ来るとは思ってたけど、まさかこんなに早いとは。

うちの近所にもヒスパニックが多いから、一人は絶対感染者が出るだろうなぁ。大丈夫大丈夫なんて思ってたけど、意外とやばいのかも。

近所でアウトブレークしたときの対策をそろそろ考えるとするか。アウトブレークしたら、同僚は、子どもを連れて実家に帰るって言ってたな。

この辺の人、金持ちが多いから飛行機すぐにいっぱいになりそう。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-30 09:05 | アメリカ文化

筆記体、必要だよ

筆記体がいつの間にかレアな存在になっていた

いまの英語教育で、筆記体を教えてないのは知ってました。僕が、日本の授業でホワイトボードに英単語を書くときも、学生が筆記体を読めないので、教科書に載ってるようなブロック体にしています。

けど、書けなくてもいいから、読めないと困るし、やっぱり教えないのはまずいんじゃないかと、そう思います。

文部科学省に問い合わせてみたところ、「筆記体は、平成10年に改訂された学習指導要領から『教えることができる』という記述に変わり、必須ではなくなりました」とのこと。授業時間が減ったことなどによる負担を考慮して、というのが理由らしいが、やっぱり現場でも「教えることができる」=「教えなくても OK」=「教えない」ってことになっているのだろうか? 公立中学校で英語を教えている先生に話を聞いてみた。

「私は教えていないです。よって現在、私の学校ではほとんどの生徒が筆記体を書けません。とはいえ生徒は何故か筆記体に憧れて書きたがるので、名前くらいは教えたりもしていますね。積極的に『覚えたい!』と言ってきた生徒には、昔の教材をコピーしてあげたりもしますが、時々黒板にばーっと筆記体を書くとわーっと声があがるくらい、筆記体はレアな存在になっています。授業ではコミュニケーションを重視しているのと、海外では筆記体を実際に使用している人が少ないこともあって、私は教えていないんですよ」


ウソです。自分なりにぐちゃぐちゃに崩してる人が多いですが、筆記体使っている人、普通にたくさんいます。この公立中学の先生はいったい何を言ってるんでしょうか?

もちろん、筆記体を使わないで、ブロック体を使ってる人もたくさんいますし、とりわけ、ブロック体を自己流にぐちゃぐちゃに崩してる人がたくさんいます。ツワモノになると、全部大文字のブロック体で書いたりしています。(もちろん、手書きのメモとかノートの話で、公式な文書はきちんと大文字小文字を使い分けてますよ)。よくもまぁこんなに素早く書けるなというとてつもない速さでブロック体でノートを取る友人もいます。でも、それを見て、筆記体は使われてないと断定して、じゃあ教えなくてもいいというのはちとムチャクチャじゃないの?

筆記体、すらすらと書ける必要はないと思いますが、少なくとも読めないと、英語圏の職場や学校でメモやノートを渡されたときや、会議のボードにぐちゃぐちゃと書かれたとき、「習ってないから読めません」では話になりません。とある日本の大学の海外研修で、筆記体もどきで板書をしているアメリカ人の先生に、「汚いからきちんと綺麗に書いてください」と言った学生がいたそうです。まぁ、たしかにこっちの人の手書きは滅茶苦茶汚いんですがね、筆記体が読めるのであれば、こういうのは慣れてきたら読めるようになります。けど、筆記体が読めなければかなり慣れるのは難しいでしょうね。

ところで、この公立中学の先生は「授業ではコミュニケーションを重視している」なんて言ってますが、他人が書いたものを読めるというのはコミュニケーションの基本なんじゃないのか?と、僕は思うわけです。そして、日常的に色んな人の書いたアルファベットを読む機会が日本の中学生にはない以上、筆記体を少なくとも一回は書いて覚えないとどうしようもないでしょう。

ちなみに、手書き文字が汚ければ、日本であれば「書いたほうが悪い」ということで、子どものうちに一生懸命書きとりを練習させますが、アメリカでは「書いた人が悪い」という意識はあまりないようです。筆記体崩れやブロック体崩れの汚い文字も個性ということでしょうか。まぁだから、公式文書は必ずタイプしたものになるんでしょうね。そういう背景を理解して、筆記体を読めるようにしておき、どんな汚い文字でもある程度読めるようにしておくのが、国際理解教育ってもんではないでしょうか。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-29 06:43 | アメリカ文化

クルマ社会

日本では、若者が車を買わなくなっていますね。

かっこいい車を買うことで自分を表現するという、そういう自己表現に価値が置かれなくなったのかな、と思います。そしてなにより、買わないのではなくて、買えないというのが本当のところでしょう。車庫にお金がかかる、車検にお金がかかる、重量税がかかる、保険に維持費、高速料金に駐車料金、ガソリン代・・・。

団塊の世代の延命のために、給与・雇用条件をどんどん悪化させられている若者が車をポンポン買えるわけがありません。

アメリカの事情はどうでしょうか。アメリカは車社会ですから、車がなければ生活できません。自分で実際に車を持ってみて、あぁ、車社会だなぁと思ったことを紹介します。参考までに、日本との比較を書いています。

日本との費用比較は、若者が免許を取った最初の[3年間]で比較してみたいと思います。車は、中古車を買ったとします。かなりのどんぶり勘定です。駐車料金などは、京阪神あたりを想定しています。

洒落ですので、あくまでも、参考までに。

--------
その1: 免許取得のコストが安い

・ 試験代の26ドル(約2600円)だけです。

日本との差額=約265,000円  *) 京都某教習所268,500円を参考

--------------
その2: 税金が安い

・ 登録料は100ドル(約1万円)くらいで済みます。その後、毎年30ドル(約3000円)です。

日本との差額=約78,200円
 *)自動車税69,000円(2年:3年目は車検で取られるので), 重量税25,200円(2年)として計算
 *)面倒なので、グリーン税は考慮していません(笑)

ここまでの差額の合計= 約343,200円

---------------
その3 車庫代がない

・ 車庫証明、車庫代金、いりません。自分の家にガレージがあればそこに停めますし、なければ、路上の駐車禁止区域以外のところに停めておきます。

日本との差額=720,000円 *)月20,000円として計算

ここまでの差額の合計= 約1,063,200円

--------------
その4: 車検がない

・ 車検はありません。スモッグチェックと言って、2年に1度、排気ガス中の有毒物質が基準以下かどうかの検査を受けます。50ドル(5000円)くらいで済みます。

日本との差額=100,000円くらい? 
(このままでは自動車税が4年目の分も入ってしまうので、半分に割って、50,000円かな?)

ここまでの差額の合計=約1,118,200円

------------------
その5: ガソリンが安い

・ 現在1ガロン$2.50程度です。1ガロン=3.7Lですから、リッター68円ですね。

日本との差額= 129,600円 )* 30Lを月に3回入れたとして計算。日本は108円/Lで計算

ここまでの差額の合計=約1,247,800円

---------------
その6: あちこちの駐車場代が安い

・繁華街、ショッピングモール、駅の近くなどに公営の駐車場があります。無料です。
・路肩も、駐車禁止場所でなければ自由に停められます。

日本との差額= 151,200円
*) 毎月、1,800円を4回とします。
 (週一回街に出て、コインパーキングに上限まで停めたと想定)
*) アメリカは月$30としました (街中の有料パーキングに停めることがあるため)


ここまでの差額の合計=約1,399,000円

----------------------
その7:もちろん、高速料金はタダ

・どこまでいってもタダです。
・橋などの場合は、料金を取られることがあります。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、ベイブリッジは、片道だけ徴収で4ドル(約400円)です。

日本との差額= 482,400円
*) 神戸から大阪市内まで(往復2400円)月2回、神戸から京都まで(往復4300円)月2回としてみます。 

ここまでの差額の合計=約1,881,400円

**************

まぁ、こんなとこでしょうか。すごいですね、1年あたり、63万円もの違いがあるんですねぇ。(細かい計算間違い、ごめんなさい)

ちなみに、日米で保険代はそれほど変わらないという印象です。あと、車の購入時の消費税ですが、アメリカは個人売買も盛んで、書類の額面上の譲渡金額を100ドル位にしとけば、消費税は10ドル(1000円)程度で済みます。

しかし、これを見て、アメリカはいい、日本はダメというのは早計で。

なぜなら、アメリカは公共交通網がとても不便だからです。日本は、無料の公営駐車場を作るかわりに、鉄道やバスに投資してきたんでしょうね。

日本は電車の運賃が安いです・・・と書こうとして調べたら、阪急電車とCalTrainの距離あたりの運賃はあんまり変わりませんでした。トホホ。しかしまぁ、日本は、赤字路線でもみんなのために営業してくれてる路線がいっぱいあることですし。

あぁ、そうそう、アメリカは交通違反の罰金は高いですよ。3万円とか4万円はざら。フリーウェイで、2名以上乗車していないと通ってはいけないレーンを違反して走行すると、10万円以上とられます(看板にはなぜか281ドルとしか書いてないのに)。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-27 05:10 | アメリカ文化

灼熱

今週は、暑いです。おとといから気温は30度を越し、先日は33度、今日も32度。

日差しもキツく、すぐにむくんでしまうので、こんな恰好で大学に。

帽子似合わないからあんまりかぶりたくないんだけど、仕方ありません。LAで買ったPeter Grimmというところの帽子です。

e0149551_9585568.jpg

[PR]
by toshishyun | 2009-04-22 10:00 | アメリカ文化

元気に

おかげさまで、食中毒はとっくに治りました。ご心配をおかけしました。

気がついたら4月も中旬ですね。最近はデータ分析をもっぱらやったりしていて、新しいネタがあんまりないのが申し訳ない・・・。

本日はスタンフォード大学の教会に行ってきました。いまお世話になっている研究所から歩いて2分のところにあります。
e0149551_13265385.jpg


大きな聖堂のような教会はとても落ち着きます。
e0149551_13253346.jpg


ナムナムとお祈りをしてきました。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-17 13:31 | その他

食あたりも小康状態。データ分析をすると頭に血が上ってしんどいので、雑学を投稿です。

世界には「講」という習慣が色んなところで見られます。これは伝統的な相互補助の仕組みで、知り合い、近所の寄り合いなどで集まって、順番を決めて定期的にお金を与えあうという習慣です。今回はみんながAさんに、次回はBさんにという形で、変わりばんこに、決まった金額をあげるのです。

アメリカでも、ヒスパニックのコミュニティーでは、TANDAと呼ばれる講があります。韓国ではケーモイム、日本では頼母子講(たのもしこう)と言われるものがあります。

「講」には、それぞれの集まりごとに独自のルールがあり、そこで使われる算数は、意外と複雑で興味深いものです。掛け金をどれだけにするのか、脱落者が出たらどうするのか、もらえる順番をどうするのか、もらえる順番と各家庭の出納の関係はどうかなどなど。

「講」は預金のシステムでもあり、ローンのシステムでもあり、保険的な意味合いもあります。

銀行のようなシステムがなかった昔からの習慣ですし、みなが教育を受けていなかった頃からの習慣ですから、そこで扱われる算数には独特の工夫があるようです。

いろいろと調べてみると面白いかもしれません。

アメリカでは、不法入国をしたヒスパニックの人たちは銀行口座を開けませんから、こういう仕組みを使った相互扶助の仕組みがまだ根強く残っている地区があるようです。もちろん、ただしく定住している人たちでTANDAをやる人も多いです。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-08 15:51 | ラーニングとテクノロジー

あたり

はい、5年ぶり3度目の食あたりです。

今朝食べたアレだな、きっと。

食べて20分でムムム感がこみあげてきました。しかし、食あたりって、一発でわかりますね。

まぁこのままおさまってくれればいいや、なんて甘い期待を抱きながら、とりあえず気分がすぐれないまま出勤して、データ分析を進めるも、ますます具合が悪く・・・。気分が悪くて節々が痛いのは、果たして食あたりのせいなのか、それともデータ分析が思うようにすすまないからか(笑)。

ごまかすために、昼食にパックの寿司を食べ、しっかりショウガを食べてみたものの、大きな波がきそうな予感がしてきたので、動けなくなる前にスーパーに寄って帰宅しました。長期戦に備えて色々買っとかないと・・・。

とりあえずまだ動けるので、今日はデータ分析の続きをしております。

4月になって、異動のご連絡などをいただいていましたが、しばらくメールが返せなかったりしたらごめんなさい。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-08 06:36 | その他

授業研究DVD翻訳

授業研究のDVDを翻訳しました。

2002年、サンマテオ・フォスターシティーで行われた、高橋昭彦先生の算数の公開授業です。

アメリカにはとてもいい資料があり、いつも翻訳したいと思ってきましたが、その第1弾です。

参考までに方法を書いておきます。使用したソフトは、すべてフリーウェアです。

1) HandBrakeというリッピングソフトを使って、DVDをファイルとして取り込みます。いろいろフォーマットが選べますが、他のソフトの都合上、AVIを選択しました

2) テープ起こし用のソフト「KeyPlayer」を使って、少しずつ訳をテキストファイルに書き出してゆきます。

3) DivXLand Media Subtitlerを使って、AVIファイルに2で作った字幕を差し込んでゆきます。

2と3で使用したソフトは、ショートカットキーでビデオ再生を操作できるので、非常に作業効率が良くて楽でした。

47分のビデオで、作業時間は12時間くらいかかりました。ただし、この後まだ、DVDへの書き込みの作業が残っています。

自分で1回やってみて、作業の流れができたので、あとは誰か手伝ってくれる人を探してやってもらえたらなぁ、と思っています。

英語ができる方で、教育に興味があって、パソコンもちょっぴりできて、やってやろうという方、おられたらご連絡ください。アルバイト代もきちんとお支払いします。(また別途、きちんと告知するつもりですが)。

ちなみに、著作権者の翻訳許諾はもらっておりますヨ。

できあがったDVDは、著作権者との話し合いがつき次第、欲しい方がおられたらお配りしようと思っています。(別途告知します)。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-06 15:11 | ラーニングとテクノロジー

中華

週末なので、近所にできた中華バイキングを食べにいってきました。

あれこれ、世界中の食べ物が食べれるのが、日本やアメリカのいいところです。

見慣れないものがあるなぁと思ってよく見たら、ザリガニでした・・・。基本的に好き嫌いはないので、話のタネに食べてみようかなと思ったのですが、殻もむかずに丸ごとだったので、なんとなく気が向かず、写真だけにしました。

e0149551_14374175.jpg


日本ではあんまりお目にかからないので、次回挑戦してみようと思います。

全然関係ないですが、下の写真のペンギンに似ているといわれました。

e0149551_14381875.jpg

[PR]
by toshishyun | 2009-04-05 14:37 | アメリカ文化