中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

血液型占いはなぜ当たるのか?

血液型占いはなぜ当たるのか?

血液型占いが、占いなのか性格診断なのかはわかりませんが、もちろん僕は信じてはおりません。しかし、とっても面白いとは思います。

世界中で、医者でもないのに血液型についての話題をするのは日本人だけですし、科学的に相関関係がきちんと確かめられたわけでもないのに、よくここまで世間に浸透したなぁと思います。

まぁ、血液型占いというのは、話のネタとしては面白いと思いますし、結局、占いってのは、星座、血液、誕生日、手相、なんでもいいので、なんらかのネタを媒介にすることで、人の性格についてとことん話し合うという、コミュニケーションのための潤滑油みたいなもんかと思います。

手相占いについて、ときどき、「あんなにいろいろ聞いたらそりゃ性格もわかるわ!卑怯や!手相だけ見て占えよ!」っていう批判がありますが、ありゃ的外れです。手相はあくまでもコミュニケーションのきっかけで、あれはコンサルティングですから、基本、人を見て話してます。

そう思ってつきあうと、血液型占いは、世代を超えて話すことができる手軽なネタですし、話し相手の血液型占いに対する接し方や、話し相手が血液型についてどう語るかにじっくり耳を傾けることによって、間接的にその人の性格がわかったりするので、「俺は血液型占いなんて信じない!」なんてつっぱるよりも、これはこれでなかなか楽しいものです。

ただこういう疑似科学の大きな問題は、それを信じてしまうと、そのステレオタイプの枠の中に他人も自分も押し込めてしまうところだなぁと思います。血液型占いを信じているがために、A型なら、A型として言われているような性格になっていくということですね。他人についても、あの人はO型だから・・・とやってしまうと、もうそこの性格のところしか見えなくなってしまう。それを繰り返すことで、ますます思いこみが強化される、ってのが血液型占いの恐ろしいところだと、常々思います。洗脳ですね。

血液型占いの場合、ここまでのマーケットが形成されてしまえば、それで儲けてる人がたくさんいる以上、いきなり「血液型占いはウソでした」ってことにはならないだろうし、いくら「科学的に実証されていない」といっても、逆に「科学的に否定する」という証拠も挙げられていないわけだし、このまま血液型占いは日本の文化としてずっと続いていくんでしょう。

根拠があろうがなかろうが、ここまで根を張ってしまえば、もうお手上げという感じですね。井沢元彦さんの逆説の日本史の中で、「現代の我々から見て科学的にたたりが存在しないからと言って、昔の人がそれを信じて遷都したのであれば、遷都の理由はたたりだったといっても差し支えがない」というような主旨のことを書かれてましたけど、これは僕は真にせまった見方だと思います。

科学的には否定されるようなことでも、大多数の人間がその存在を信じて動いていれば、それはもはやあったも同然になるわけですよね、社会学的には。「科学的じゃない」とバカにするのは簡単ですが、それで事実が動いているということまでは否定できないわけです。恐ろしいことです。

だから教育で科学をきちんと理解させないといけないんだ!って教育にたずさわる人は言うんでしょうが、血液型占いにせよ、アメリカのいくつかの州で進化論が見事に否定されていることにせよ、たとえ科学がいきわたった世の中でも、人の思いこみというものは、なかなか覆せるものではありませんね。

ところで、血液型占いって学校教育で教えられたりするんでしょうか・・・?それが心配です。血液型占いをまともに取り上げるような先生がいたら困ります。それでなくとも、水からの伝言とか、ゲーム脳なんかは、学校の先生までもが本気で信じてしまって、講演会をしたり授業で子どもたちに教えたりしていますからね・・・。疑似科学は、大人として、分別をもって、パロディーレベルでつき合ってもらいたいものです。
[PR]
by toshishyun | 2009-02-19 20:05 | その他