中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

車大破

僕の人生にはなんせハプニングが多いことが売り物です。

昨日の夜のことです。いつもよくいくWhole Foods(スーパー)で機嫌よく買い物をすませて、駐車場に戻ったら、なにやら人だかりが。

・・うわ、あれ!僕の車や!

e0149551_1358144.jpg


左側の白いのが僕の大好きなキャデラック・・・だった鉄の塊です。右側が僕の車に正面からあたったレクサス。運転手のおばさんは、どうやら駐車時にブレーキとアクセルを間違えて踏み、車止めを飛び越えてド派手にあたってきた模様。僕の車、衝撃で駐車スペースから後方にはみ出てます。

非は100%相手にあるとはいえ、ここはアメリカ・・・保険屋さんとのやりとりとか、いろいろ面倒だなぁ・・。

e0149551_1401234.jpg

「まぁ、起こってしまったことは仕方ないし、とりあえず相手も気を落としてるだろうし、やることをぬかりなくやって今日は帰ろう」・・・などと、保険会社への連絡や警察とのお話など、淡々と後処理をこなしていたら、どうやらそれが相手の方に好印象だったようで、しきりに"I'm sorry. I know you are upset, but you are so nice. You are so patient. Thank you for your patience."(ごめんなさい。とてもお怒りだと思いますが、あなたはとてもナイスですね。ほんとに忍耐強いですね。我慢してくださってありがとうございます)などとおほめの言葉をいただきました。

まぁそう言われると悪い気はしませんが、"That's alright"(いいんですよ)というのは、いちおう言いませんでした・・・ここはアメリカなので、ヘタに許しの言葉を言ってしまうと後が怖い。このあたりはきっちり僕はアメリカナイズされています。とりあえず、日本人の得意技「ほほえみ」で返し、去り際にGood nightとあいさつしておきました。

相手側もこちら側も通行人も、けが人がいなかっただけでもよしとしましょう。

そうです。きっとこれは僕がいつもいつも丁寧に可愛がっているので、愛車が僕の身代わりになってくれたのです。そうでなければ、きっと僕は道端であのおばさんのレクサスに轢かれて、今頃は遺体を日本に運搬する手はずになっていたはずです。僕は運がよかったのです。・・・そう思っておくことにしましょう(笑)。

今日は、レンタカーの手配と受けとり、保険屋さんへの電話、修理工場へのお話などで一日が過ぎていきました。
[PR]
by toshishyun | 2008-12-24 14:12 | その他