中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

クリスマスのプレゼント交換 Pick or Steal

もうすぐクリスマスです。

e0149551_17183958.jpg
クリスマスといえばプレゼントです。アメリカでは、たくさんの人が集まったパーティで、Pick or Stealというプレゼント交換の習慣があります。ルールは簡単です。盛り上がります。

用意するもの・・・クリスマスツリー、番号の書いたチケット

1. 参加者はプレゼントを持ってきます。ひとり15ドルとか、値段を限るほうがよいでしょう。パーティーの受付で、プレゼントをわたし、番号の書いたチケットを貰います。

2. 大きなクリスマスツリーを用意して、その根元にみんなが持ち寄ったプレゼントを並べます。

3. 暫くして座が温まったところで、サンタさんが前に登場!帽子の中から番号を引きます。

4. 引かれた番号のチケットを持った人は、ツリーのところにいって、プレゼントを選びます。

5. 選んだプレゼントをみんなの前で開けて披露します。ときどきおもしろグッズなどが混じっていたりして、盛り上がります。

これだけだとただのプレゼント交換なんですが、面白いのはここからです。

4のときに、ツリーのところのプレゼントを選んでもいいのですが、自分より前の誰かが貰ったプレゼントを横取りすることもできるんです。横取りされた人は、素直にプレゼントを渡して、代わりにツリーのところで、新たなプレゼントを選びます。

Pick or Steal, 選ぶか盗むか・・・というゲームです。

この習慣、古くからある習慣というわけではないのですが、アメリカに独特のものだそうで、クリスマス風の音楽でもかけながらやると、わいわいと楽しむことができます。
[PR]
by toshishyun | 2008-12-18 16:54 | アメリカ文化