中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

最近のアメリカ的出来事

・ 帰国にあたってトラベラーズチェック(TC)を作ろうと銀行に寄るも、その銀行にはなんと500ドル分しかTCがなかった。仕方がないので、隣のもっとおおきな支店に行ったところ、その支店にある8000ドルのTCをなんとかかき集めてくれた。TCなんて使わないらしい。

・ でも、アメリカには便利なデビットカードがある。僕は先週までの数カ月、ほとんど現金というものを持っていなかったし使わなかった。そして、クレジットじゃなくてデビッドのほうが、すぐに口座に反映されるので管理がしやすい。SuicaやEdyみたいにチャージしなくてもいいし。日本でも使えたらいいのになぁ。割り勘のときに困るけど。

・ 賃貸契約の終了にあたって、保証金を清算。あらかじめ渡していた保証金から、電気代ガス代だけを差し引いて、ほぼすべてが返ってくる。保証金は家賃の一カ月分だったし、日本の悪しき敷引きが恨めしい。

・ オーガニックのハンバーガーを食べる。Joe's Cable Carというお店。アメリカ中あちこちでハンバーガーを食べたけど、ここのはたぶん一番おいしかった。なぜいままで行かなかったのだろう。ちょっとサンフランシスコから離れたところにあるけれど、サンフランシスコ旅行に行く人でレンタカーをする人は絶対にはずしてはいけないレストラン。

・ 引っ越しにあたって、家具などは、すべてムービングセールで売却。中古の掃除機など、いろいろなものがネットやメーリングリストを通じて簡単に売れるのはアメリカならではと思う。日本でも、在日の外国人が帰国するときにネットなどでSayonara Saleというのをやっているようだけど、こちらほど活発ではなさそう。日本でももっとムービングセールが活発になれば、いろんなものが安く買えたりしていいのになぁ。

・ サンフランシスコの観光地の路上で似顔絵を描いてもらう。中国人らしきおじさん。少し話をしてみると、どうやら香港が中国に返還される直前に、アメリカに渡ってきたということ。それまではテレビ局でストーリーボードを描いたりしていたということだが、共産党による支配を嫌って渡米。かつて、共産党支配を嫌ってカナダに移住した香港人の話を何かで読んだことがあったけど、実際にそういう人と会って話をしたのは初めて。

・ 引っ越しにあたって、U-haulという引越専門のレンタカー業者から軽トラックを借りる。ネットで見ると、営業所のおじさんはかなり評判のよくない人。しかし、あれこれと選んでいる暇はなかったので、とりあえずその営業所に行ってみる。当のイラン人のおじさんと話をしていると、意外に愛想がいい。愛想が良くなったのは、こちらが日本人だということを知ったからか、単に僕と馬があったのか。おじさん、イラン空軍の軍人だったということで、ちょっぴりイラン軍のうんちくを僕が語ったから機嫌がよくなったのか。いずれにせよ、日本人は中東系の人からは比較的好かれている。僕も中東のおっちゃんに好かれることが多い。

・今回の米国滞在では、以前よりももっと人種や国籍の壁を超えて、いろんな人と交友を温めることができたことを実感する。そういう意味で非常に有意義な滞在になった。
[PR]
by toshishyun | 2009-08-30 15:00 | アメリカ文化