中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

Gogo Board

理科の授業などで、生徒に計測機器をどんどん使わせてやりたいけれども、高くて買えない。そんな悩みを持っている先生には、Gogo Boardというものがあります。MITで開発された教育用の機械で、安価で利用できます。

e0149551_614321.jpg


この写真では、光センサーと、温度センサー、湿度センサーをつけて、計測しています。計測されたデータは、パソコンでリアルタイムに表示することができます。

e0149551_695914.jpg


Gogo Boardは、オープンソースの基盤で、販売はしていません。ウェブサイトに掲載された設計図をダウンロードし、部品を自分で調達して、自分で組み立てられるようになっています。調達先も、Gogo Boardのウェブサイトで紹介されています。だいたい3000円くらいでできるということです。これは、Gogo Boardが、もともとは、発展途上国向けに、できるだけ安価に、手元にある素材を使って、高度な機能をもつ機器が使えるようにしようという意図で開発されたからです。

パソコン側には、Gogo Monitorという専用のソフトウェアをインストールしますが、オープンソースのネットロゴを使うと、Gogo Boardと通信するソフトを自分で作ることができます。また、ネットロゴで書かれたプログラムをGogo Boardにダウンロードすることで、パソコンからGogo Boardを切り離しても、自律して計測をするようにGogo Boardを設定できます。計測したデータは、あとでパソコンに取り込み、エクセルなど、いろいろなソフトで利用することができます。

計測だけではなくて、モーターなどの部品をGogo Boardにつけると、ロボットを制作することもできます。ネットロゴで作ったプログラムをGogo Boardにダウンロードして、ロボットをプログラミングします。

レゴのマインドストームとか、MITのクリケットと同じようなシステムですが、基盤もソフトもオープンソースなのが特徴です。

Gogo BoardのWikiには、初心者向けにネットロゴの解説があったりと、サポートが充実しています。

ちなみに、ウェブサイトはこちらです。

http://www.gogoboard.org/cocoon/gogosite/home.xsp?lang=en


ただ一つの問題は・・・説明が全部英語だということです。せっかくこんなに素晴らしいシステムが無料で利用できるのに、言葉の壁があるのはとても残念です。けれども、辞書を引き引き頑張ってみようという先生には、きっときっと素晴らしい宝物のようなパッケージです。いちおう、スペイン語と中国語もありますが、そのうち日本でコミュニティができるといいなぁと思います。
[PR]
by toshishyun | 2009-07-24 06:20 | ラーニングとテクノロジー