中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

労働時間と生活

国と国を比べるなんてことは、そもそもできないことなのだと思います。地域によって、街によって、人によって、みんなそれぞればらばらで、「アメリカは」「日本は」なんていう括りでは比べられません。

けれど、やっぱり目につくことはあるわけで、それがアメリカ全体を表しているものかどうかはわからないけど、なんとなくそこに違いを感じることもあるわけです。

僕が不思議なのは、アメリカ人の労働時間。

全員とは言わないけれど、けっこう多くの人が4:30-5:00になったらさっさと帰っちゃいます。家にもちかえりで仕事してる人も結構いるようですが、とにかく帰っちゃう。僕はたいてい7:00ごろまでは仕事場にいるのですが、大抵誰もいなくなってるか、1人か2人残っている程度です。7:30になるともう誰もいません。

大学だからかなぁとも思いましたが、どうやらそうでもなさそうで、うちのお向かいさん、GoogleでM&Aをやっているマネージャーさんですが、たまに僕が6:00ごろに「今日は早かったなぁ」なんて思いながら家に帰ると、奥さん子どもを連れて散歩から帰ってきたりします。どうやら4:30ごろに帰ってきて、洗濯をしていることもよくあるそうです。そして寝るのが早い。10:30ごろには真っ暗になってます。

階下の住人もGoogleのプログラマーですが、僕が帰宅するころには、かならず家に帰ってます。出勤は9:30ごろのようです。自転車でフラッと出かけていきます。

もちろん、アメリカ人でも激務の人もいます。知り合いの旦那さんは、金融関係なのですが、東部標準時で働いているため、朝は5:00ごろから仕事を始めて、夜までずっと働いているそうです。

職務によっては、休日も出てくることももちろんあるでしょうし、みんなが早く帰っているわけではありません。休日にスターバックスで仕事を片付けている人もよく見かけるし、自分なりに時間を見つけて仕事をしてる人、たくさんいます。
[PR]
by toshishyun | 2009-07-09 01:53 | アメリカ文化