中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

ワシントン州 尊厳死

アメリカではオレゴン州とワシントン州で、医師の幇助による尊厳死が認められています。

ワシントン州はイチローのシアトルマリナーズで有名ですが、3月に尊厳死を認める法律が成立しました。

今朝出勤しながらラジオを聞いていると、そのワシントン州で、末期がんの女性が、医師の処方による薬品によって尊厳死したことがニュースで報じられていました。初の事例ということです。

尊厳死については賛否両論ありますし、あまり深く考えたことはないので、ここで私見を述べることは控えたいと思います。ただ、アメリカで末期がんや不治の病に罹った人とその家族にとって、ワシントン州やオレゴン州が存在するという事実は、人によっては救いになることだと思いました。

日本だと、国内すべてを同一基準にしなければいけませんが、アメリカはよくも悪くも、各州で法律が大幅に異なっています。自分の生き方や家族の生き方に大きく影響するような課題に対して、選択肢が与えられているというのは、いいことだと感じます。

すべての問題に対して、完璧に対応できる政治体制というものはありません。アメリカのような連邦制がよいのか、日本のような中央集権がいいのか、それは何をとって何を捨てるのかという問題のように思います。今日のこのニュースを見て、多様な人の多様な生き方に応えるような体制になっているのがアメリカという国なんだなぁと改めて思いました。ただし、いちいちバラバラなので、何か事があるたびに、日本よりひと手間多いのも事実です。
[PR]
by toshishyun | 2009-05-23 14:41 | アメリカ文化