中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

メモリアルディ

月曜日はメモリアルディで、アメリカは3連休を迎えます。メモリアルディは、戦没将兵追悼記念日という日で、各地で戦没将兵の追悼イベントが行われるだけでなく、家族で集まってバーベキューをしたり、レクリエーションをしたり、墓参りに行ったりします。スタンフォード大学も月曜はお休みです。

僕の友人たちでも、東海岸や南部に実家がある人は、何人か実家に帰っちゃいました。日本で言うところのお盆みたいなもんです。

そして、なぜかシートベルト着用キャンペーンが始まります。今日の出勤時にも、ラジオのニュースでシートベルトをつけましょうという報道が何回もされていました。

この日からアメリカは夏が始まります。

なお、景気はますます悪化しています。カリフォルニアは、火曜日に、景気悪化対策の5つの法案が、住民の直接投票によって否決されてしまいました。税金も上げられない、支出も抑えられない、教育や精神障害者の援助予算として貯蓄されていた緊急出動用のファンドにも手をつけられない、で、どうしようもなくなってしまいました。識者の間では、今回の投票を批判する意見が多いです。あたりまえです。

リーマンショック以降、しばらくは、「景気はまぁ1年もすれば持ちなおすだろう」などという楽観的な意見がけっこう聞かれていたのですが、もはやそんな意見は少数派。火曜日のカリフォルニアの直接投票の結果によって、さらに不況感が強まったという感じです。これから、大量の解雇が始まり、カリフォルニアの失業率は当面持ち直しそうにありません。
[PR]
by toshishyun | 2009-05-23 05:25 | アメリカ文化