中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

筆記体、必要だよ

筆記体がいつの間にかレアな存在になっていた

いまの英語教育で、筆記体を教えてないのは知ってました。僕が、日本の授業でホワイトボードに英単語を書くときも、学生が筆記体を読めないので、教科書に載ってるようなブロック体にしています。

けど、書けなくてもいいから、読めないと困るし、やっぱり教えないのはまずいんじゃないかと、そう思います。

文部科学省に問い合わせてみたところ、「筆記体は、平成10年に改訂された学習指導要領から『教えることができる』という記述に変わり、必須ではなくなりました」とのこと。授業時間が減ったことなどによる負担を考慮して、というのが理由らしいが、やっぱり現場でも「教えることができる」=「教えなくても OK」=「教えない」ってことになっているのだろうか? 公立中学校で英語を教えている先生に話を聞いてみた。

「私は教えていないです。よって現在、私の学校ではほとんどの生徒が筆記体を書けません。とはいえ生徒は何故か筆記体に憧れて書きたがるので、名前くらいは教えたりもしていますね。積極的に『覚えたい!』と言ってきた生徒には、昔の教材をコピーしてあげたりもしますが、時々黒板にばーっと筆記体を書くとわーっと声があがるくらい、筆記体はレアな存在になっています。授業ではコミュニケーションを重視しているのと、海外では筆記体を実際に使用している人が少ないこともあって、私は教えていないんですよ」


ウソです。自分なりにぐちゃぐちゃに崩してる人が多いですが、筆記体使っている人、普通にたくさんいます。この公立中学の先生はいったい何を言ってるんでしょうか?

もちろん、筆記体を使わないで、ブロック体を使ってる人もたくさんいますし、とりわけ、ブロック体を自己流にぐちゃぐちゃに崩してる人がたくさんいます。ツワモノになると、全部大文字のブロック体で書いたりしています。(もちろん、手書きのメモとかノートの話で、公式な文書はきちんと大文字小文字を使い分けてますよ)。よくもまぁこんなに素早く書けるなというとてつもない速さでブロック体でノートを取る友人もいます。でも、それを見て、筆記体は使われてないと断定して、じゃあ教えなくてもいいというのはちとムチャクチャじゃないの?

筆記体、すらすらと書ける必要はないと思いますが、少なくとも読めないと、英語圏の職場や学校でメモやノートを渡されたときや、会議のボードにぐちゃぐちゃと書かれたとき、「習ってないから読めません」では話になりません。とある日本の大学の海外研修で、筆記体もどきで板書をしているアメリカ人の先生に、「汚いからきちんと綺麗に書いてください」と言った学生がいたそうです。まぁ、たしかにこっちの人の手書きは滅茶苦茶汚いんですがね、筆記体が読めるのであれば、こういうのは慣れてきたら読めるようになります。けど、筆記体が読めなければかなり慣れるのは難しいでしょうね。

ところで、この公立中学の先生は「授業ではコミュニケーションを重視している」なんて言ってますが、他人が書いたものを読めるというのはコミュニケーションの基本なんじゃないのか?と、僕は思うわけです。そして、日常的に色んな人の書いたアルファベットを読む機会が日本の中学生にはない以上、筆記体を少なくとも一回は書いて覚えないとどうしようもないでしょう。

ちなみに、手書き文字が汚ければ、日本であれば「書いたほうが悪い」ということで、子どものうちに一生懸命書きとりを練習させますが、アメリカでは「書いた人が悪い」という意識はあまりないようです。筆記体崩れやブロック体崩れの汚い文字も個性ということでしょうか。まぁだから、公式文書は必ずタイプしたものになるんでしょうね。そういう背景を理解して、筆記体を読めるようにしておき、どんな汚い文字でもある程度読めるようにしておくのが、国際理解教育ってもんではないでしょうか。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-29 06:43 | アメリカ文化