中植正剛 神戸親和女子大学准教授 教育工学を専門にする大学教員の日々の雑感


by toshishyun

クルマ社会

日本では、若者が車を買わなくなっていますね。

かっこいい車を買うことで自分を表現するという、そういう自己表現に価値が置かれなくなったのかな、と思います。そしてなにより、買わないのではなくて、買えないというのが本当のところでしょう。車庫にお金がかかる、車検にお金がかかる、重量税がかかる、保険に維持費、高速料金に駐車料金、ガソリン代・・・。

団塊の世代の延命のために、給与・雇用条件をどんどん悪化させられている若者が車をポンポン買えるわけがありません。

アメリカの事情はどうでしょうか。アメリカは車社会ですから、車がなければ生活できません。自分で実際に車を持ってみて、あぁ、車社会だなぁと思ったことを紹介します。参考までに、日本との比較を書いています。

日本との費用比較は、若者が免許を取った最初の[3年間]で比較してみたいと思います。車は、中古車を買ったとします。かなりのどんぶり勘定です。駐車料金などは、京阪神あたりを想定しています。

洒落ですので、あくまでも、参考までに。

--------
その1: 免許取得のコストが安い

・ 試験代の26ドル(約2600円)だけです。

日本との差額=約265,000円  *) 京都某教習所268,500円を参考

--------------
その2: 税金が安い

・ 登録料は100ドル(約1万円)くらいで済みます。その後、毎年30ドル(約3000円)です。

日本との差額=約78,200円
 *)自動車税69,000円(2年:3年目は車検で取られるので), 重量税25,200円(2年)として計算
 *)面倒なので、グリーン税は考慮していません(笑)

ここまでの差額の合計= 約343,200円

---------------
その3 車庫代がない

・ 車庫証明、車庫代金、いりません。自分の家にガレージがあればそこに停めますし、なければ、路上の駐車禁止区域以外のところに停めておきます。

日本との差額=720,000円 *)月20,000円として計算

ここまでの差額の合計= 約1,063,200円

--------------
その4: 車検がない

・ 車検はありません。スモッグチェックと言って、2年に1度、排気ガス中の有毒物質が基準以下かどうかの検査を受けます。50ドル(5000円)くらいで済みます。

日本との差額=100,000円くらい? 
(このままでは自動車税が4年目の分も入ってしまうので、半分に割って、50,000円かな?)

ここまでの差額の合計=約1,118,200円

------------------
その5: ガソリンが安い

・ 現在1ガロン$2.50程度です。1ガロン=3.7Lですから、リッター68円ですね。

日本との差額= 129,600円 )* 30Lを月に3回入れたとして計算。日本は108円/Lで計算

ここまでの差額の合計=約1,247,800円

---------------
その6: あちこちの駐車場代が安い

・繁華街、ショッピングモール、駅の近くなどに公営の駐車場があります。無料です。
・路肩も、駐車禁止場所でなければ自由に停められます。

日本との差額= 151,200円
*) 毎月、1,800円を4回とします。
 (週一回街に出て、コインパーキングに上限まで停めたと想定)
*) アメリカは月$30としました (街中の有料パーキングに停めることがあるため)


ここまでの差額の合計=約1,399,000円

----------------------
その7:もちろん、高速料金はタダ

・どこまでいってもタダです。
・橋などの場合は、料金を取られることがあります。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、ベイブリッジは、片道だけ徴収で4ドル(約400円)です。

日本との差額= 482,400円
*) 神戸から大阪市内まで(往復2400円)月2回、神戸から京都まで(往復4300円)月2回としてみます。 

ここまでの差額の合計=約1,881,400円

**************

まぁ、こんなとこでしょうか。すごいですね、1年あたり、63万円もの違いがあるんですねぇ。(細かい計算間違い、ごめんなさい)

ちなみに、日米で保険代はそれほど変わらないという印象です。あと、車の購入時の消費税ですが、アメリカは個人売買も盛んで、書類の額面上の譲渡金額を100ドル位にしとけば、消費税は10ドル(1000円)程度で済みます。

しかし、これを見て、アメリカはいい、日本はダメというのは早計で。

なぜなら、アメリカは公共交通網がとても不便だからです。日本は、無料の公営駐車場を作るかわりに、鉄道やバスに投資してきたんでしょうね。

日本は電車の運賃が安いです・・・と書こうとして調べたら、阪急電車とCalTrainの距離あたりの運賃はあんまり変わりませんでした。トホホ。しかしまぁ、日本は、赤字路線でもみんなのために営業してくれてる路線がいっぱいあることですし。

あぁ、そうそう、アメリカは交通違反の罰金は高いですよ。3万円とか4万円はざら。フリーウェイで、2名以上乗車していないと通ってはいけないレーンを違反して走行すると、10万円以上とられます(看板にはなぜか281ドルとしか書いてないのに)。
[PR]
by toshishyun | 2009-04-27 05:10 | アメリカ文化